親知らず。

しばらく前から、左下奥歯の奥、歯ぐきのところがときどき痛むようになってました。場所的に親知らずが原因?と、思いつつ、木曽にいた頃通っていた歯科大病院ではレントゲンを見て「骨に埋もれているので生えてこないと思います」と言われたし、この歳になって生えてくるはずないよなぁ…と考えてました。

でも、痛いものは痛いし、とにかく原因追求!…と思って、向かいにある歯医者さんに行ってみました。

レントゲンを撮って、出た結論。

親知らずが横向きに生えてます。
親知らずのてっぺんが奥歯に当たっているところで歯周ポケットが深くなっていて細菌がたまりやすく、身体の抵抗力が落ちたり、疲れがたまったりしたときに炎症が起こるものと思われます。

…てなわけで、とりあえず(?)消毒して、痛み止めと化膿止めを処方されました。3日後に再び消毒に行きます。

抜本的な対策「親知らずを抜く」というのも覚悟するように言われました。11月に吹奏楽の本番が2つあることを考えたら、早めに抜くか、終わってから抜くか…。最初の本番まであと2週間だし、口内環境が変わるのはよくないのかな…。

…炎症がひどくなってるってことは疲れてる?抵抗力が落ちてる?うーん、あまりいい状態とは言えないですね。
親知らずが横向きに生えてる模型を出して説明されました。横向きに生える人って多いのでしょうか。そんな模型があるということに驚きました…。

ブログランキングに参加しています。投票お願いします!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

広告