kisoウインドアンサンブル演奏会リハ

12月2日は朝から木曽へ移動。
3日の演奏会の準備とリハーサルの一日でした。

全体での演奏もありますが、金管と木管+弦のアンサンブルと、団員(と一部お手伝いさん)の混成アンサンブルもあり、練習の日程を決めるのも大変だったみたい。
岩倉にいると細かいところはお任せになってしまっていて、ちょっと申し訳ない感じ。
練習の合間の食事は、演奏会に広告を出していただいてるお店を利用。

昼は「和み」でカツカレー。

和みのカツカレー
和みのカツカレー

夜は「坂下家」でハーフセット(炙り鮪丼と蕎麦)。
坂下家のハーフセット(炙り鮪丼と蕎麦)
坂下家のハーフセット(炙り鮪丼と蕎麦)

毎回食べ過ぎてしまうのです。

練習の方は、本番前日にようやく全員そろって合奏。
「ねえ、この曲のCからってメロディ誰もいなくない?」
「え?」
人数が少ない団なので、メロディがなくなるところは他の楽器に振り替えたりしているのです。
そんなはずはない…と、スコアを確認すると何故かアルトサックスのメロディ部分が全音符になってました。
「楽な楽譜でラッキー♪と思ってた」
「そんな楽譜になるはずないでしょう!」
という会話をしつつ、無事にメロディ復活。
誰かがいない状態で合奏していたので、勝手に「ここは今いない人がメロディなんだろうな~」と想像していたのでした。
前日に気がついてよかった。

そして、本番前夜、実家には帰らず木曽町の宿へ。
お手伝いさんとお酒飲んだり話したりするのが楽しいのです。