眼鏡なしの日

視力が悪い人にとって、眼鏡は生命線です。
眼鏡という文明の利器があるから普通に生活できてますが、眼鏡なしでは大変なことになるのです。

今朝、起きて眼鏡をかけようと手にしたら、なんだかいつもと違う感覚に。
見たら眼鏡がおかしなことになってました。

壊れた眼鏡
壊れた眼鏡

過去のブログやmixi日記をたどってみると2005年の11月に購入したものらしいです。
フレームだけで36,000円だったという記憶があるのは、よっぽど「清水の舞台から飛び降りる」心境だったのかなぁ。

今日は一日コンタクトレンズで過ごしました。
やっぱり目に負担がかかるなぁ…。

目のことを考えると、できるだけ裸眼で過ごすのがベストではありますが、裸眼では生活できないのですね。
眼鏡よりもコンタクトレンズの方が視界が広かったり曇る心配がなかったり、というメリットの反面、目にかかる負担というデメリットがあります。

とりあえず、このフレームが復活できるのかどうか。
気になるところです。

修理が無理で新しく買うとしたら、値段は気にせず安いところで買ってしまうのがいいのか、いろいろ付加機能がついていた方がいいのか、迷うポイントはたくさん。
どうしようかな…