消しゴムを使い切る…?

いつも持ち歩いているペンケースの中の消しゴムが小さくなってきました。

使い古した消しゴム
使い古した消しゴム

大きさが分かりにくいと思うので、100円玉と比較。
消しゴムと100円玉の比較
消しゴムと100円玉の比較

どのくらいまで使う?

恥ずかしながら、新品の消しゴムを買って、このサイズまで使うのは人生初です。
割れたり、紛失したりしてしまっていたのです。
鉛筆の場合、キャップを使ったりして

「鉛筆を最後まで使い切る」
ってのは無理ですよね…?
消しゴムも、小さ過ぎて持てなくなったら感謝しつつ処分、なのかな?

次はどうしよう

家で使っている(漢字パズルとかするときに使うのです)消しゴムはそのまま置いといて、新しいのを一つ買おうかと思っています。
個人的に定番と思っているのはトンボ鉛筆の「MONO」。

ですが、毎日、文房具。というサイトによるとトンボ鉛筆の「MONO」はシードというメーカーで作られているものだとか。
詳しくは毎日、文房具。の記事をご覧ください。
シードで作っている「レーダー」という消しゴムに興味津々。
見たことあるけど、使ったことはないような気がします。

高校生時代は製図の授業があって、そのときの教科担任イチオシは「ステッドラー」でした。

コクヨの「カドケシ」も気になる~。

もう少し頑張ってもらおう

いろいろ考えつつ、今の消しゴムにもう少し頑張ってもらおうと思います。
小さくなって使いにくいんですけどね…。