タバコに辟易する日

東京に来ておりますが、タバコにうんざりさせられてます。

新幹線にて

全席禁煙ののぞみに乗って移動しましたが「喫煙ルーム」なるものがあるのですね。
指定席が、喫煙ルームのある車両にあったのでした。
前方車両から喫煙ルームに行って、タバコを吸って帰っていく…横を通る時のタバコの臭い!
全席禁煙の意味がないです。
通りすがりの人のわずかな臭いでも気分が悪くなるのに…。
これなら禁煙車と喫煙車で分けてもらう方がマシな気がします。

夕食の中華料理屋にて

ホテルにチェックインした後、近所にある中華料理屋で夕食をとりました。
食事が終わるころ、近くに座ったカップルの女性が
「灰皿ありますか?」
と店員さんに聞きました。
テーブルの上にはなかったので安心してたのに、聞けば出てくるのね~。
同じテーブルに座っている人には「吸ってもいい?」って聞く人は多いかもしれませんが、付近の客に聞く人はまずいません。
タバコの煙は周り中に広がるのにね。
大急ぎで食べ終わってお店を出てきました。

ホテルにて

ホテルに戻って入浴して、風呂上がり。
ベッドに寝転がってゴロゴロしていたら、どこからかタバコの臭い。
自分が吸っていないのに、どうしてタバコの臭いが入ってくるのだ~(T_T)
安いホテルはそういうところがダメなのか…。
フロアごと禁煙みたいなところもあるみたいだし、ホテルはケチらない方がいいのかもしれないです。

飲食店の全面禁煙化…なんて話も出ているようですが、実現してほしいですね~。
ホテルや列車も、タバコの煙や臭いが苦手な人に配慮をお願いしたいです。