面接授業「社会保障と教育」2日目

脳みそがウニになりそうなんですが、面接授業2日目行ってまいりました。

今日の範囲で印象に残ったのは

  • 「教育も社会保障の一部(機会を均等にするという意味で)」
  • 「所得と教育の不平等を解消するには公立学校の教育の質を向上させることが必要」
  • 「教育費にお金がかかるのが不安で子どもを増やせない子育て世代が多い」
  • 「子どもの教育にお金をかける親ほど子どもの数が少ない」
  • 「親の教育水準が高いほど子どもの教育にお金をかける傾向がある」
  • 「社会保障と教育はリンクしている」

あたりですかね。

まだ、ちゃんと自分の頭の中で咀嚼しきれていない感じがするなぁ。
少し整理しないと。

今月末には単位認定試験があり、来月はまた面接授業。
初めて東京文京学習センターに行きます。
楽しみです~♪