手帳の切り替えを忘れてました

ふと気づけば今日は1月2日。
もう2017年です。
2016年の9月に今年の手帳を買ってたんでした。


ほぼ日手帳、4冊目です。
1冊目は6月くらいから使い始めたので、3年半ほど使ってることになりますね。

手帳カバーは2017年のを買って帰ったらすぐに使い始めてます。
2016年の手帳に書き込まれた2017年分の予定を書き写して、自分の名前や連絡先を記入。
Googleカレンダーと手帳を併用しているので、同期も確認。
基本的には手帳を重視していて、Googleカレンダーは同居人との共有機能のために使っています。
二人で慰問演奏に出かけることもあるけれど、それぞれ単独行動の仕事も多い我が家。
お互いの予定が把握できていると便利なのです。

ほぼ日手帳ガイドブックなど読んで、おしゃれな使い方に憧れたこともありました。

いろいろな使い方を見ると参考になるけれど、やっぱり自分に合った使い方を模索しないと続かないですね。
2016年のほぼ日手帳は空白ページがたくさん。

まだ模索中ではありますが、年末に読んだ本に影響を受けて「一日を振り返って“できたこと”を記す」というのをやってみようかな、と思っています。

「できたこと」に着目するクセをつけると、セルフイメージがどんどん上がっていきます。

小さな「できたこと」であれば、1日の中で1つや2つ、必ず見つけることができます。

というのが「確かにそうだよな~」と思ったわけで。
手帳にも書くし、ブログに載せるのもいいかな?
なんて思ったりしています。
いつまで続くかは置いといて(置くな)。

今日は、約1年ぶりに同居人と二人でウォーキングに出かけて10km歩きました。
手帳の切り替えも「できたこと」かな。