メールアドレス変更は慎重に

とっても久しぶりにゆうちょ銀行のインターネットサービス「ゆうちょダイレクト」にログインしようとしたところ、何やら目立つメッセージ。

ゆうちょダイレクトの画面
ゆうちょダイレクトの画面

「メールアドレスの登録が誤っていることや迷惑メール設定等が原因で、当行からメールが送信できないメールアドレスが登録されています」
だそうで。
ゆうちょダイレクトでは、携帯やスマホで扱えるメールアドレスを最優先に登録するよう推奨されるので、ドコモのアドレスを登録していたのでした。
でも、ドコモを解約したの、去年の12月…。
どんだけほったらかしてたの、自分。

それはそうと、ドコモはすでに解約してしまっているので他のアドレスに切り替えなければ。
メールアドレスを変更しようとすると、

ゆうちょダイレクトのメールアドレス変更画面
ゆうちょダイレクトのメールアドレス変更画面

「登録誤り」とか激しく警告されてます。
これから直すから待ってて!

…と思ったのに。
「登録アドレス宛にワンタイムパスワードを送るのでそれを入力してください」
だって。
えーと。
だから、そのアドレスはもう使えないアドレスで、ワンタイムパスワードを送られても確認できないわけで……

……

結局「登録アドレスを初期化する」という作業が必要で、郵便局の窓口で書面を提出しなくちゃいけません。
何も考えずに郵便局に出向いたら
「それではこちらご記入ください」
と出てきた書面には「届出印」の欄が。
そりゃそうか。届出印も本人確認の重要な手段です。
届出印忘れてました。

用紙をもらっていったん帰宅。
記入して、捺印して、再度郵便局へ。
念のため本人確認書類も見せて、運転免許証の番号も控えられ、ようやく今日の手続き完了。
実際にメールアドレスが初期化されるのに1週間くらいかかるそうです。

ゆうちょダイレクトをお使いの方が携帯のキャリア変更をするときは前のキャリアを解約する前に、PC用など他のアドレスを登録アドレスに変更しておきましょう!
「登録アドレス1」にはキャリアメールを登録するようメッセージが出ますが、他のアドレスでも登録できます。
やむを得ず登録アドレスを初期化する場合、通帳、届出印と本人確認書類(運転免許証、保険証など)が必要になります。
面倒なので、できるだけそんなことしないで済むよう気を付けてくださいね~!