ランチタイムコンサート 2014/10

月1回のランチタイムコンサート。
9月は15日で、10月は30日。
ちょっと間が空いてしまいました。

昨日、楽器をオーバーホールに出した後で「代替機を吹いてみなきゃ~!」と思っていたのに練習できず。
今朝になって初見の曲を吹いてみたりしていたので会場到着が遅くなってしまいました。
演奏開始ギリギリ。

お店の前には空席待ちの行列ができていました。
オクトパス合奏団目当てなのか、お得な和風モーニング目当てなのか…?
どっちでもいいですけどね!

慌ただしくセッティングして、12時からと13時からの2ステージ。

20141030あ・そこ
20141030あ・そこ
それぞれ30分程度でしたが、中身は微妙に入れ替えました。
今朝初見の曲はビゼーの“カルメン”より「ハバネラ」。
不慣れな曲はシューマンの“子どもの情景”より「知らない国々」とさだまさし作曲「秋桜」。
「秋桜」は前奏の装飾音符がなければ、もう少しうまくはまると思うんですけど…。
本番では怖かったので省いちゃいました。
マサオカセンセ曰く

「楽譜に書いてあるから」イヤイヤ吹くんじゃない!「そう吹きたい」と思って吹くんだ。
「装飾音符は書いてないけど入れた方がカッコいいと思って入れちゃいました」くらいの勢いで!

だそうで。
入れた方がカッコいいとは思うけど、指が回らないのだ…。
練習しなきゃ。

昔、とても苦労して演奏した曲でも、しばらくして吹いてみると意外とすんなり吹ける曲が多くなってきたような気がします。
少しは上達…というか、進歩しているんでしょうか。
「秋桜」もいつの間にか軽々と吹けるようになったりするかなぁ?