プシャーテル・カルテット

会計講座で脳味噌を使った後は、脳味噌に栄養を~!
というわけではないですが、夕方は弦楽四重奏を聴いてきました。

セントラル愛知交響楽団のメンバーにより結成された「プシャーテル・カルテット」。
チェコ語で「友達、仲間」という意味だそうですよ。
つづりは“přítel”だそうですが、Google翻訳のページで発音してもらうと「プシャーテル」とは聞こえないのですが~。

それはさておき、ハイドンの弦楽四重奏曲 Op.33-2「冗談」とラヴェルの弦楽四重奏曲、どちらも楽しく聴いてきました。
小さい会場で、間近で聴けるのもいいですね~。

寒さのせいかお客さんは少なめだったようです。
同じメンバー、同じ曲目で名古屋市内の会場でやるそうですよ~。
http://annex.menicon.co.jp/schedule/archives/heartful-stage-3.html

ハイドン:弦楽四重奏曲全集(CD25枚組)

新品価格
¥11,578から
(2014/2/5 21:47時点)