アンサンブル・ゼフィロ

今日は古楽器を使った木管アンサンブルのコンサートに行ってきました。
木管八重奏を生で聴くのが初めてのような気がします…が、いきなり古楽器のアンサンブルでいいんでしょうか。
でも、楽しかったですよ~。

・パルティア管楽八重奏曲変ホ長調Op.103(ベートーヴェン)
・ロンディーノ変ホ長調(ベートーヴェン)
・セレナード第12番ハ短調「夜曲」KV.388(モーツァルト)
・歌劇「セビーリャの理髪師」から(ロッシーニ)
 序曲/陰口はそよ風のように/私は町の何でも屋/
 今の歌声は心にひびく/黙って、黙って、静かに!

で、アンコールが
・歌劇「ドン・ジョバンニ」より アリア
・歌劇「魔笛」より アリア
・歌劇「フィガロの結婚」より アリア

と3曲。皆さんサービス精神旺盛で終演後のサイン会もあって、しっかり手帳にサインいただいてきましたよ~。

それにしても長久手は遠い…。往復するのに結構疲れました。